学会トップページへ

歴史

 1982年(昭和57年) 中部地区教員養成校の音楽担当者へ呼びかけ9大学14名の教員が集まり「ピアノメソード」の編集が始まり、『カレッジピアノ研究会』(その後、中部地区大学音楽教育学会)として会が発足。関東地区においても同時期に「ピアノマーチアルバム」を編集し、名称を『関東地区大学音楽研究協議会』(その後関東地区大学音楽教育学会)として会が発足した。その後、関西地区において『カレッジピアノ研究会』(その後関西地区大学音楽教育学)中・四国地区『中・四国大学音楽教育学会』、九州地区『九州地区大学音楽教育学会』の順に発足した。1984年(昭和59年)に『全国大学音楽教育学会』と改名し、この学会が全国組織になった。また、1987年(昭和62年)に東北地区(東北地区大学幼年音楽教育学会)、1989年(平成元年)北海道地区(北海道地区大学音楽教育学会)が加わり、全国7地区の研究会が全国的に統合された。

 各地区においては、それぞれ地区の特色を生かし、研究会を年1回ないし2回行い、全国大会は、年1回各地区持ち回りとした。

2003年(平成15年)各地区の名称を全国大学音楽教育学会○○地区と統一、また、英語名称を NATIONAL ASSOCIATION OF COLLEGE MUSIC EDUCATION(NACOME)とした。

 

【 全国大会 】

1985年(昭和60年) 第 1 回全国大会(四條畷学園女子短期大学)6/19

大会テーマ「子どものためのソルフェージュ及び発声、歌唱」

1986年(昭和61年) 第 2 回全国大会(松山東雲短期大学)11/1

大会テーマ「音楽性豊かな保育者養成をめざして」

1987年(昭和62年) 第 3 回全国大会(和泉短期大学)11/10

大会テーマ「音楽リズムと小児体育(リトミック)」

1988年(昭和63年) 第 4 回熊本大会(熊本短期大学)9/9・10

大会テーマ「よりよき保育者養成をめざして」−音楽面からのアプローチ−

1989年(平成 元 年) 第 5 回名古屋大会(松下視聴覚教育研究財団・名古屋AVセンター)11/10・11

大会テーマ「保育者養成のための音楽教育について」

1990年(平成 2 年) 第 6 回山形大会(蔵王アストリアホテル)10/12・13

 大会テーマ「保育学生の音楽力を向上させる具体的方法を模索する」−現場の期待する音楽力の研究をふまえて−

1991年(平成 3 年) 第 7 回大阪大会(大阪ガーデンパレス)10/8・9

 大会テーマ「幼児教育者の音楽的資質の向上をめざして」−基礎能力と応用能力を体得させるために−

1992年(平成 4 年) 第 8 回札幌大会(札幌ガーデンパレス)9/3・4

大会テーマ「保育者養成における音楽教育の基礎とはなにか」−その指導内容と指導方法の原点をさぐる−

1993年(平成 5 年) 第 9 回岡山大会(岡山国際ホテル)10/21・22

大会テーマ「保育者養成における音楽教材について」−基礎技能の育成と教材−

1994年(平成 6 年) 第10回東京大会(音楽之友社ホール・東京ガーデンパレス)11/9・10・11

大会テーマ「音楽教育の原点について」

1995年(平成 7 年) 第11回鹿児島大会(鹿児島サンロイヤルホテル)6/16・17

 大会テーマ「よりよき保育者養成をめざして」−今保育者にどのような音楽的能力が求められているか−

1996年(平成 8 年) 第12回名古屋大会(名古屋ガーデンパレス・ヤマハホール)9/5・6

大会テーマ「21世紀の保育者養成を探る」−音楽教育を通して−

1997年(平成 9 年) 第13回山形大会(遊学館)9/4・5

 大会テーマ「保育者養成の今日の課題と21世紀への助走」 −領域・表現につながる音楽教育を考える−

1998年(平成10年) 第14回札幌大会9/2・3・4

大会テーマ 「福祉社会に対応する音楽活用の可能性を求めて」

1999年(平成11年) 第15回京都大会9/1・2・3

大会テーマ 「21世紀を拓く教員・保育者養成」−遊びの音楽−

2000年(平成12年) 第16回米子大会 9/10・11・12

 大会テーマ 「新しい幼稚園教育要領・保育指針が実践できる(音楽の視点から)保育者の養成をめざして」

2001年(平成13年) 第17回全国大会(関東大会)9/6・7・8

大会テーマ 「保育者養成校の担うべき役割と課題」−音楽教育の視点から−

2002年(平成14年) 第18回全国大会(福岡大会)10/11・12

大会テーマ 「音楽と心」

2003年(平成15年) 第19回全国大会(中部地区大会)9/4・5・6

大会テーマ 「「自ら学ぶ学生」をめざして」−音楽教育の視点から−

2004年 (平成16年)  第20回全国大会(東北・松島大会)9/3・4

 大会テーマ 「今世紀の保育者養成を考える」−音楽の本質と子どもの育みをみつめて−

2005年 (平成17年)  第21回全国大会(札幌大会)9/1・2・3

 大会テーマ 「保育者養成の今日的課題と質的向上」

2006年 (平成18年)  第22回全国大会(神戸大会)8/31・9/1・2

 大会テーマ 「音楽教育と人間形成」−子どもの心を育てる音楽教育とは−

2007年 (平成19年)  第23回全国大会(倉敷大会)8/31・9/1

 大会テーマ 「保育者養成における音楽教育」−豊かな表現を求めて−

2008年 (平成20年)  第24回全国大会(横浜大会)8/28・29・30

 大会テーマ 「豊かな心を育てる音楽教育をめざして」

2009年 (平成21年)  第25回全国大会(佐賀大会)

 大会テーマ 「子どもの幸せを求めて−保育者を養成する我々の心はどうあるべきか−

2010年 (平成22年)  第26回全国大会(名古屋大会)

 大会テーマ 「養成校の今日的課題−幼・保から小学校まで見渡す音楽教育のあり方を探る−」

2011年 (平成23年)  第27回全国大会(東北・裏磐梯大会)

 大会テーマ 「豊かな表現の育ちにむけて」

2012年 (平成24年)  第28回全国大会(旭川大会)

 大会テーマ 「いま育ち行くこどもたちの姿」

2013年 (平成25年)  第29回全国大会(大阪大会)

 大会テーマ 「音楽教育、その未来への指針−伝承音楽と子どもたち−」

2014年 (平成26年)  第30回全国大会(東京大会)

 大会テーマ 「『子どもの歌−唱歌・童謡140年の歩み』に音楽教育の原点を探る